4月14日(水)午後7時より、東京オペラシティのリサイタルホールで、結成17年目となりましたサンクト・フローリアン三重奏団の演奏会をいたします。
 今まで多く作品を演奏してまいりましたが、数年前より作曲家ごとにその作品をまとめて、より深く理解する取り組みをはじめました。
 各々の作曲家の初期、中期、晩年期への変遷、また彼が生きたその時代がもたらしたもの等が、次第に明確になってゆくのには本当に興味深いものがあります。
昨年はモーツァルトのピアノ三重奏曲全6曲でしたが、今年はブラームス全3曲を取り上げます。
ブラームスの音楽の幾層にも重なった複雑なうねりは、豊潤な空気を醸し出し、私たちを独特の息の長いフレーズに巻き込みます。それは現代社会がここ30年程のあいだにすっかり失ってしまった、あのゆったりした時間を甦らせてくれるかのようです。
 ブラームスの夕べにぜひご来場いただけますよう、心よりお願い申しあげます。

サンクト・フローリアン三重奏団 小澤洋介、三戸素子、フィリップ・ヤング

曲目解説


コンサートのお問合せ
ハラヤミュージックエンタープライズ
メール haraya@mb.infoweb.ne.jp

Tel. 03-3587-0218


コンサート一覧へ

サンクト・フローリアン三重奏団

東京オペラシティ


最新コンサート情報 - Ozawa Top - Mito Top - St.Florian - kleineskonzerthaus - 友の会 - 骨髄バンク- BBS 試聴室