小澤洋介、三戸素子「友の会」のご案内

Tomonokai funclub info

「小澤洋介、三戸素子、友の会」は1996年に、小澤洋介、三戸素子の演奏活動に共感し、支援したいという有志によって発足しました。
12年間ヨーロッパで暮らし演奏してきた彼らは、日本でもヨーロッパでの音楽体験そのものの演奏活動を、独自に繰り広げています。創造性、音楽性の水準をぎりぎりまで追及した毎回のコンサートに、期待を裏切られたことは今までありませんでした。日本の一般的な演奏会が何となく生ぬるく感じられる私達のようなクラシックファンにとっては、彼らの主催するコンサートは他とは一線を画す、まさに画期的なコンサートと言えるでしょう。
1996年「サンクト・フローリアン三重奏団」の三人のメンバーの名を冠して発足したこの「小澤洋介、三戸素子、P.ヤング友の会」は、その後「クライネス・コンツェルトハウス」等、拡がってゆく彼らの主催コンサート全般にわたって、応援するようになりました。
応援といっても、いわば「コンサート活動を共有する」といったほうが当たっているかと思います。会の活動として、

  • 彼らのコンサート予定や裏話、コンセプト等の情報を、数ヶ月ごとに発行。
  • たくさんのコンサートに行きやすいように、会員の方には主催コンサートの優先割引き。
  • ご希望の方には、より理解し期待したうえで当日のコンサートが楽しめる、曲目解説事前ファックスサービス。
  • 等を会員の皆さまに提供しています。
    事務局はボランティアで運営、年会費は事務費、郵送代として一口1000円、多数口のご入金をいただきました場合は、すべて自主コンサートの支援に宛てさせて頂いております。
    もっと身近に彼らを応援したい方、気楽に「サンクト・フローリアン三重奏団」等のコンサートに興味をお持ちの方、皆さまのご入会をお待ちしております。彼らやその仲間達のような演奏家の価値を認識することが、日本のクラシック音楽のためにも一石を投じる一歩だと確信しています。
    皆さまとともに、コンサートの楽しみがますます増えてゆくことを願っております。

                                                          友の会事務局     

    友の会 入会方法

    ■演奏会等で配られるご案内に記入の上事務局へお申し込みください。

    ■または入会申込書をプリントの上、事務局までお送りください。